FC2ブログ

永田町と霞が関の毒まんじゅうは美味いか? - まほろばの泉

終わることなく・・・安倍くんもおめでたく三選となり、茶坊主だのチルドレンの猟官も騒がしいが、ここまでヤルと、次は、゛江戸の仇は長崎゛で、かたき討ちにあうのは分かっているのか、今のうちに愚にもならない肩書や地位をレッテル貼りに勤しんでいるという。反社(暴力団)と名付けられた任侠も薄くはなったが義理や人情や、狭い範囲の掟も厳しい分別があるが、議員の失業対策となった騒がしい選挙は、めでたく当選すれば寄らば大樹とばかり、政策是非はともかく親鳥の餌を巣待ちしている幼鳥のようにもみえる。エサは派閥や党、見栄えが良ければ行政府の充て職に納まるだけなのだが、多くの国民は怨嗟を通り越し、政治家観の諦観(あきらめ)として、ときに政治に対して怠惰にもなっている。なによりも、あの御方の大御心を煩わせる無頼の徒のようにも映っているようだ。        政治家についてはクリーンハンドの法則という言い方がある賄賂を貰うような汚職について、一度でも手を汚してしてしまうと、余程のことがない限り汚れは付いて回る、つまり何かにつけても弱みとなって言葉や行動が色眼で見られてしまうということである。神様でもあるまいし、と同類に慰められても、あるいは貰った当人しか知らないことでも、どうも居心地が悪い気分になり、言葉も行動も遠慮がちになる。「お前だって・・」と言われれば、「それとこれとは状況が違う・・」「一回ぐらいは・」と反発しても空々しく、日頃の貫禄など吹き飛んでしまう。なにも物のやりとりだけではない。煩る雑で道徳域まで入り込んでいる法にかかれば、立ち小便、吸い殻のポイ捨て、行列の割り込み、あるいは何処かの妻持ちと旦那持ちとの人情ごとまで邪推されたりするだけの風評で立ちいかなくなることもあ。それも競争相手を引きずり落としたり、単なる嫉妬心から謀を企てるトリックになると、うかうか甘い言葉にものれないような、せち辛い世の中になる。以前、政治家が巧妙な裏切りにあったとき、「あれは毒まんじゅうを食らった・・」と激高していたことがある。原因は、同じ村(派閥)の長年の仲間を閣僚のカラ手形で裏切ったときのことだった。この手のまんじゅうは時限爆弾のようなものもあれば、徐々に利いてくるものもあるが、中国の賄賂(人情を贈る)とは異なり、相手の魂胆を見透かして誘いをかける謀(はかりごと)のような類で、なかには陰湿な計略もある。あの時は竹下派経世会の衰徴し、当時の幹部が医師会から小切手を貰ったことが露見して世間を騒がしたが村岡議員がスケープゴ―ドにされた。そのとき村(派閥)の仲間割れに野中広務議員が放ったのが「毒まんじゅうを喰わされた」だった。それも慎重な相手にはそれなりの手順もあるが、往々にして日本の政治家や官吏、サラリーマンの類は「仲間の証」あるいは「上下の分別」として、あえて毒まんじゅうを、しかも喜んで喰うのである。官吏が便宜を図る利権のお手盛りなどはその最たるもので、これも日本社会の習慣的性癖として毒まんじゅうの免疫性を支えている。つまり、喰っても当らない人間が大勢いるのだ。この場合は、喰わないものは仲間外れだ。まずはそれに馴染むことから始まるが、問題は正義と公平を司る治安や税官吏、政治家に免疫が多いと国民はそれを倣い、終いには、毒まんじゅう国家?になってしまうことが憂慮にある。裏金、裏手当、便宜供与、官官接待、任官当時は正義感溢れ国家を支えると意気込んだ若者だったとは言うが、みな饅頭を喰っていれば染まるのは必然だ。若いころとは言うが、もともと心底が安定職食い扶持を描き、一族の期待を背負って任官した青年も仲間外れになっては喰っていけない。それを「しかたがない・・」というらしいが、それが日本の能力あるエリート官吏と外国では見ている。        この方の御世は・・・・  なぜなら、それらは喰うだけでなく、毒を毒と思わなくなり「染まる」のだ。官吏が政治家に「これは国家の一大事」と、耳元でささやき喰わせ、政治家はできもしない美辞麗句、ときには嘘八百を堂々と公言し、教師は人類愛と平和人権を餌箱に入れ子供に喰いつばませている。どれも反対できないハナシだが、古今東西、成ったためしがない。あったのは走狗に入る知識人の言にみるだけだ。その点、単純なのは政治家の毒まんじゅうだ。聴くも見るも滑稽さが付きまとう。そう思っていた輩でも、騙された、引っかかったと広言されても可哀そうには思わないのが国民だ。一方、引っ掛けた方も決して利口には思えないが、だいたいが抗論もせず知らん顔をしている。まんじゅうに毒を仕込んだほうが一人前の政治家に思え、喰わされた方が愚かでオッチョコチョイの欲張りにみえるのも、この世界の面白さだ。閣僚の候補に入れる、公認をするなどから、地方議員の利権のおこぼれや視察旅行の水増しで子遣いの捻出など、国家を護り人々の生活向上をわざわざ拡声器で誓った口の渇く間もなく、いともコロリと引っかかる。しかも体裁のよい理屈をつけながらでも撒き餌に集う雑魚のように集うのもこの群れの特徴だ。この場合のまんじゅうは「俺も喰いたい」と思っているが仲間を裏切ることはない。それは蛍のように「こっちの水は甘いよ」と、まんじゅうに誘われて群れの決まりごとを破り離れることだ。近ごろは野党が合従連衡すると今までの野党が政権のうまみをと実態を知り、かつ官吏の手のひらに乗ると旧来の群れが離脱しても与党に残るような議員も出てきた。これもよく効くまんじゅうのお陰だろう。加えてこの群れを手なずけ飼い馴らす上手(うわて)もいる。それらは宿便のように隅々まで導管に寄生し、滋養を吸い取っている官吏だ。「一官、九族に繁栄する」親族が出世して高官になると、みなおこぼれがあり繁栄する(便宜供与)「昇官発財」役人は官位が昇るにしたがって財を発する(天下り、渡り転職)隣国のみならず、多くの国家は貪りの官吏の群れによって滅亡している。あの元総理野田君が唱えていたという・・・、シロ蟻だ。
スポンサーサイト

長女の誕生日プレゼント

について、前から悩んでてというのも、以前の私ならすぐ何買ってあげようかな誕生日だし奮発しちゃうて、すーぐネット検索に走ってたと思うんですが次女の妊娠中に、保育園で行われた講義を聴いてからこの記事の誕生日プレゼントにはお金をかけず、手間と愛情をかけるこの言葉が頭から離れずといっても、私には裁縫の技術は全くないし無理してドレスなんぞ作っても、途中で諦めるのが既に想像つくだって裁縫大嫌いだし私が楽しく作れて、娘が喜んでくれそうなものってなんだろう?で思いついたのがダンボールハウスビンボーヒャッホウ!笑画像お借りしました裁縫は嫌いだけど、DIYは好きで子供が産まれる前はホームセンターに通ってはベランダで何かと作ってました(作ったものは今も用途を変えながら大事に使ってます)でも実際に木材で作るとなると、材料の調達や加工も時間と手間がかかるし、次女を見ながらの平日にしか出来ない、私一人での作業では間に合う気がしないとなると、軽くて加工しやすいダンボールしかない!ダンボールなら夫の会社に沢山あるし保育園でも、先生達の手作り感満載のダンボールハウスがあってお迎え行った時も、りーちゃんがよくその中に入って遊んでてさどうせなら2人くらい入れる大きさの家を作りたいなぁ場所は取るけど、ベビーベッドも残り数月しか使わないしさ、解体したら実家で保管するのでスペース的には問題なしいざという時のために折り畳める様に、無い脳みそをフルに活用して作りたいと思います材料調達したら、まずは実家の2階(弟の部屋)を作業スペースとして使おう。笑丁度仕事中で11月まで帰ってこないし口だけで終わらない様に、ブログに残して最後までやり遂げたいと思います夫は夫でプレゼントしたいのあるだろうから、そこはお任せしますよーし!!不器用母ちゃん、手間と愛情かけたプレゼント作り頑張ります

父親からの連絡53中編1

このブログ英語blogに御訪問頂き、誠にありがとうございます。リンクを貼はらせて頂いております。紫色のブログタイトルをクリック英語clickもしくはタップ英語tapして頂きますと、過去のブログ記事に移行します。(O)(半角で4万文字以内という字数制限に達しましたので、こちらのブログ記事に前回すなわち9月25日(火)の父親からの連絡53前編のブログの続きを記させて頂きます。前回のブログから話が繋つながっておりますので、前回のブログも御覧頂きますとおわかり頂け易いと存じ上げますさて、去る12月25日(月)の両親からの連絡36後編のブログの上段に、前略昨日すなわち12月24日(日)の両親からの連絡35後編のブログの上段に、前略去る12月20日(水)の両親からの連絡34のブログの下段に、前略一昨日おとといすなわち12月18日(月)の両親からの連絡33のブログの下段に、前略一昨日おとといすなわち12月16日(土)の両親からの連絡32のブログの下段に、前略本日の正午頃にも、父親から母親のことで直すぐ来て欲しいとのことでした。そこで、同じく直すぐに伺いました。そのうえ、本日の3時32分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。後略と記させて頂きました。そして、本日の夜すなわち午後8時33分にも、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、いつものようにママが、おかしい。、そして、父親が、枕元まくらもとに置いているラジオを捜してとのことでした。そこで、同じく伺いました。すると、誠に有り難いことにラジオがありました。後略と記させて頂きました。それから、本日の早朝すなわち午前5時46分に、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、バタンと音がした。とのことでした。それで、同じく直すぐに伺いました。すると、何でもありませんでした。後略と記させて頂きました。そして、昨日も午後0時13分そして午後3時39分にそれぞれ連絡があり、本日も午前11時59分に父親から電話連絡が入りました。それで、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、食事の準備をしようと支度したくを始めましたら、まだ食べたくないとのことでした。因ちなみに、このようなことが度たびたびあります。なお、ヘルパー日本語家政婦が居いるときにもこのようなことがあり、ヘルパー日本語家政婦によりますと、言っていることが、変わるとのことでした。後略と記させて頂きました。そして、本日の午後2時26分と午後5時14分にも父親から電話連絡が入りました。それで、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、食事の準備をして支度したくを始めて完了しましたら、まだ食べたくないとのことでした。因ちなみに、このようなことが度たびたびあります。今朝も古いラジオを捨ててくれと言われて資源として出す用意を完了した後あとになってから、捨てないでくれと言われました。しかも、散古いラジオは聞こえないからラジオを買ってくれとのことであり、新しいラジオを購入したのにであります。序ついで乍ながら、こちらは生命懸いのちがけで真剣に行おこなっておりますのに、遊ばれているような気がして来ました。後略と記させて頂きました。ならびに、去る1月4日(木)の両親からの連絡40後編のブログの中段に、前略昨日すなわち1月3日(水)の両親からの連絡39後編のブログの中段に、前略一昨日さきおとといすなわち12月31日(日)の両親からの連絡38後編のブログの中段に、前略去る12月27日(水)の両親からの連絡37後編のブログの上段に、前略今朝も、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、母親のことでたいへんだったとのことでした。なお、先週はベッドの上に便をしてしまいましたが、今回はベッドの上に尿をしてしまったとのことでした。序ついで乍ながら、一昨日さきおとといすなわち12月24日(日)の鰻うなぎの蒲焼かばやき32クリスマスイブ両親の食事のブログの中段に、前略昨日は、母親の便が付いた洗濯物を1日に4回洗濯しました。因ちなみに、蒲団ふとんそして毛布などはそれぞれ別に洗濯しなければなりませんからね。後略と記させて頂きました。後略と記させて頂きました。そして、本日の日没後すなわち午後5時7分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、同じく直すぐに伺いました。そして、両親の食事の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。因ちなみに、両親は、ヘルパー英語helper日本語家政婦からの指摘もありましたが、食べ残した物を片付けることが出来ないとのことであります。そこで、食べ残した物を腐らせてしまいますので、冷蔵庫にしまいました。それから、本日の夜すなわち午後6時3分そして同6時50分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、それぞれ同じく直すぐに伺いました。後略と記させて頂きました。それから、昨日も3回、そして、本日も午前11時29分、午後2時23分そして夜すなわち午後7時に、父親から電話連絡が入りました。それで、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、同じく直すぐに伺いました。そして、両親の食事の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。後略と記させて頂きました。それから、本日も午前9時36分、午後2時52分、午後2時54分そして午後7時55分に、父親から電話連絡が入りました。それで、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、同じく直すぐに伺いました。そして、両親の朝御飯と昼御飯の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。後略と記させて頂きました。および、去る1月16日(火)の両親からの連絡44後編のブログの中段に、前略去る1月11日(木)の両親からの連絡43後編のブログの中段やや下に、前略一昨日さきおとといすなわち1月8日(月)の両親からの連絡42後編のブログの中段やや下に、前略本日すなわち1月8日(月)の両親からの連絡41後編のブログの下段やや上に、前略昨夜も連絡が入りましたので、午後7時59分頃伺いました。テレビのことでした。ならびに、昨深夜すなわち午後11時44分、そして、今朝の未明すなわち午後2時10分にも父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、いつものようにママが、おかしい。から直すぐ来て欲しいとのことでした。また、救急車を呼ぶ。とのことでした。それで、同じく伺いました。すると、母親は言葉を話していました。父親によりますと、死ぬかと思った。とのことでした。後略と記させて頂きました。そして、本日の午後すなわち午後2時18分、同2時39分そして同2時44分にも父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親の寝床の側そばにある体温計を捜して欲しいとのことでした。それから、日没後すなわち同午後5時35分にも父親から電話連絡が入りました。そこで、同じく伺いました。なお、父親によりますと、母親が下半身の服を脱いでしまって、しかも、おむつがビショビショとのことでした。それで、おむつを交換する為ために行きました。すると、母親は、床暖房を行おこなっている絨毯じゅうたんの上で寝ていました。また、自分はクタクタとのことでした。そのうえ、夜すなわち同午後5時35分にも父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、食事のことでした。それから、午後9時頃にも、様子を見に行きました。後略と記させて頂きました。そして、本日の早朝すなわち午前6時55分にも、父親から電話連絡が入りました。そこで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、直すぐ来て欲しいとのことでした。なお、上記のように母親が床暖房を行おこなっている絨毯じゅうたんの上で寝ているとのことでした。勿論もちろん、母親の上に掛かけ蒲団ふとんは掛かけました。序ついで乍ながら、母親は絨毯じゅうたんの上でも便をしていましたので、処理しました。洗濯は、蒲団ふとん、蒲団ふとんカバー、シーツ、タオルケットそして衣類など、今回も4回しました。それから、同午後2時31分、同午後2時39分そして午後5時5分にも、父親から電話連絡が入りました。最後の電話では、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、同じく直すぐに伺いました。そして、両親の食事の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。後略と記させて頂きました。それから、昨日も午後4時31分そして午後6時52分に、父親から電話連絡が入りました。更さらに、本日も午後5時23分に、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、同じく直すぐに伺いました。そして、両親の食事の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。そのうえ、同午後6時40分と同午後7時4分にも、父親から電話連絡が入りました。なお、身近にある鍵がなくなったので、捜して欲しいとのことでした。それで、伺いました。そして、誠に有り難いことに鍵がありました。後略と記させて頂きました。また、去る1月27日(土)の両親からの連絡49後編のブログの下段に、前略昨日すなわち1月26日(金)の両親からの連絡48後編のブログの下段に、前略一昨日おとといすなわち1月24日(水)の両親からの連絡47後編のブログの下段に、前略去る1月19日(金)の両親からの連絡46後編のブログの下段に、前略昨日すなわち1月18日(木)の両親からの連絡45後編のブログの下段に、前略今朝すなわち午前8時15分にも、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、もうダメ。直すぐ来て欲しい。とのことでした。そこで、同じく伺いました。すると、すりおろしりんごを直すぐに作って欲しいとのことでした。それで、すりおろしりんごを出しました。後略と記させて頂きました。それから、今朝の未明すなわち午前1時11分に、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、真夜中なので緊急の連絡かと思い緊張して受けましたら、いつものように母親が、ベッドの下で寝ている。とのことでした。それで、すりおろしりんごを食べたいとのことでありました。そして、母親がすりおろしりんごを食べてくれました。更さらに、今朝すなわち午前7時42分にも、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、母親が倒れて頭を打ったとのことでした。それで、伺いまして母親によりますと、誠に有り難いことに頭は打っていないとのことでした。なお、昨日すなわち1月18日(木)の鰻うなぎの蒲焼かばやき45両親の食事のブログの中段に、前略目を覚まして起きたばかりのときに心が苦しいとのことでした。後略と記させて頂きました。母親によりますと、心が苦しくて助けて。とのことでした。但し、誠に有り難いことに、夕方頃には落ち着いてくれました。後略と記させて頂きました。そして、今朝すなわち午前8時8分、午前8時25分、午前9時33分、午前9時45分そして午前9時52分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、その度に伺いました。すると、すりおろしりんごを食べたいとのことでありました。そして、両親共にすりおろしりんごを食べてくれました。後略と記させて頂きました。そして、今朝すなわち午前7時50分そして午前8時26分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、伺いました。因ちなみに、印鑑は何処どこにいったとのことでした。後略と記させて頂きました。それから、本日の午後すなわち午後2時22分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、同じく直すぐに伺いました。そして、父親の御飯の準備をしましたら、牛乳を飲んだから食べたくないとのことでした。因ちなみに、このように父親の御飯の準備をした後あとになって食べたくないと言うことが、度たびたびあります。なお、その度たびに、力ちからが抜けてしまいます。そして、午後8時33分にも、父親から電話連絡が入りました。後略と記させて頂きました。しかも、去る2月5日(月)の両親からの連絡55後編のブログの中段やや下に、前略一昨日さきおとといすなわち2月2日(金)の両親からの連絡54後編のブログの下段に、前略一昨日おとといすなわち1月31日(水)の両親からの連絡53後編のブログの下段に、前略昨日すなわち1月30日(火)の両親からの連絡52後編のブログの下段に、前略昨日すなわち1月29日(月)の両親からの連絡51後編のブログの下段に、前略昨日すなわち1月28日(日)の両親からの連絡50後編のブログの下段に、前略今夜すなわち午後8時11分に、親から電話連絡が入りました。それで、同じく直すぐに伺いました。因ちなみに、父親の寝床の側そばにあるノートを捜し、見付けました。なお、ヘルパー英語helper日本語家政婦によりますと、先週の水曜日に、父親から電話連絡が入ったとのことでした。後略と記させて頂きました。そして、本日すなわち午前10時57分にも、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、両親の用事を済ませて、午前10時50分に両親の本もとから戻ったばかりであり用事を済ませようとしていたときでした。この電話が入ったとき、親の用事で郵便局と買い物に行くからと話しましたが、また午前0時31分に父親から電話連絡が入りました。これでは、郵便局や買い物に行くどころでなく、両親に張り付いていなければなりません。そして、今夜すなわち午後5時57分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく直すぐに伺いました。後略と記させて頂きました。それから、今朝も父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親の寝床の側そばにある携帯電話を捜して欲しいとのことでした。後略と記させて頂きました。そして、今朝すなわち午前8時24分前後にも3回父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、ワン切りのこともありました。なお、直すぐ来て欲しいとのことでした。それで、伺いました。それから、午前8時56分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく直すぐに伺いました。そして、午後3時24分にも、父親から電話連絡が入りました。そこで、同じく直すぐに伺いました。それから、午後3時39分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく直すぐに伺いました。そして、午後3時39分にも、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、父親によりますと、ママがおかしいから、直すぐ来て欲しい。とのことでした。それで、伺いました。後略と記させて頂きました。それから、本日両親の本もとから戻ったばかりの午後5時10分にも、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、父親によりますと、睡眠導入剤が欲しいとのことでした。なお、本日の分は渡してありますが、明日以降の薬を欲しいと言うのです。それで、同じく直すぐに伺い、睡眠導入剤を渡しました。後略と記させて頂きました。そして、本日両親の本もとから戻ったばかりの午後4時52分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、今回は母親の睡眠導入剤のことでした。それから、両親の本もとから戻ったばかりの午後5時36分にも、父親から再度電話連絡が入りました。なお、また同じ内容のことで母親の睡眠導入剤のことでした。そして、両親の本もとから戻ったばかりの午後5時56分にも、父親から再度電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。父親によりますと、直すぐ来て欲しいとのことでした。序ついで乍ながら、父親によりますと、母親が苦しいと言っているとのことでした。そのことと、父親の鍵のことでした。それから、両親の本もとから戻ったばかりの午後6時10分にも、父親から再度電話連絡が入りました。同じく伺いました。父親によりますと、直すぐ来て欲しいとのことでした。因ちなみに、また父親の鍵のことでした。そして、両親の本もとから戻ったばかりの午後6時25分にも、父親から4度目の連絡が入りました。なお、また父親の鍵のことでした。それから、両親の本もとから戻ったばかりの午後6時40分にも、父親から5度目の連絡が入りました。なお、またまた父親の鍵のことでした。後略と記させて頂きました。そのうえ、去る2月15日(木)の両親からの連絡60後編のブログの下段に、前略昨日すなわち2月14日(水)の両親からの連絡59後編のブログの下段に、前略昨日すなわち2月13日(火)の両親からの連絡58後編のブログの下段に、前略昨日すなわち2月12日(月)の両親からの連絡57後編のブログの下段に、前略昨日すなわち2月11日(日)の両親からの連絡56後編のブログの下段に、前略本日夜すなわち午後7時51分に、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、母親の上顎の総入れ歯はあるが下顎の総入れ歯がないので、捜して欲しいとのことでした。なお、約2時間前迄までは、ありました。ところが、なかなか見付かりませんでした。そこで、ゴミとして捨てられてしまうことが考えられます為ため、ゴミを出さないようにして翌朝になって明るくなってから再度捜そうかと思いました。そして、両親の本もとから戻ったばかりの午後8時3分そして午後8時5分にも、父親から再度そして再度の電話連絡が入りました。それで、何なんと父親によりますと、母親が、下顎の総入れ歯を飲み込んでしまった。とのことでした。しかし乍ながら、下顎の総入れ歯は大きいので、この2時間の覚醒している間にしかも父親が居いる前で飲み込んでしまうことは、とても考えられませんでした。但し、仮にそうでありますと、休日の夜でありますが、医療機関に受診しなければなりません。そこで、再度母親の下顎の総入れ歯を捜しましたら、誠に有り難いことに午後8時9分に見付かりました。最後は、父親が見付けてくれました。序ついで乍ながら、下顎の総入れ歯が見付かりませんでしたので、父親が妄想英語delusion)で母親が、下顎の総入れ歯を飲み込んでしまった。と言ったのであると思われました。ならびに、父親によりますと、もうダメかと思ったとのことでした。後略と記させて頂きました。それから、本日すなわち午後2時45分に、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、母親が倒れたとのことでした。そして、誠に有り難いことに父親によりますと頭は打っていない。とのことでありましたが、母親本人に訊ききましたら頭を打ったとのことでした。但し、母親は、言葉を話すことは出来ました。なお、母親は床暖房を行おこなっている絨毯じゅうたんの上で寝ていましたので、母親の上に掛かけ蒲団ふとんを掛かけました。それから、蒲団ふとんの上に寝かせました。そして、午後5時18分にも、父親から再度の電話連絡が入りました。因ちなみに、父親によりますと、直すぐ来て欲しいとのことでした。母親が苦しいと言っているとのことでした。それで、同じく直すぐに伺いました。このときは、母親は苦しいとは言っていませんでした。それで、母親によりますとお腹なかが空すいたとのことでありましたので、両親の食事の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。それから、午後8時14分にも、父親から再度の電話連絡が入りました。因ちなみに、父親によりますと、母親が便をしてしまって父親の手に付いてしまったので、直すぐ来て欲しいとのことでした。なお、父親によりますと、対処出来ないとの旨むねでした。序ついで乍ながら、父親によりますと、いつものように悪わるいとのことでした。それで、同じく直すぐに伺いました。そして、母親のお尻しりを拭ふいて、おむつの交換をしました。後略と記させて頂きました。それから、本日すなわち午後4時6分に、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、固定電話に出たら切れてしまったが、誰だったのだろうかとのことでした。そして、本日の夜すなわち午後6時45分にも、父親から再度の電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、直すぐ来て欲しいとのことでした。なお、いつものこと乍ながら、母親は床暖房を行おこなっている絨毯じゅうたんの上で寝てしまいました。それで、母親の上に掛かけ蒲団ふとんを掛かけました。後略と記させて頂きました。そして、今朝すなわち午前8時8分そして午前8時10分にも、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、母親が寝床に来て寝られないとのことでした。それから、午前9時33分にも、父親から再度の電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、直すぐ来て欲しいとのことでした。母親が苦しいと言っているとのことでした。なお、父親が、母親に苦しいのはお互い様なのだから、言わないで。と話していました。それで、母親によりますとお腹なかが空すいたとのことでありましたので、両親の食事の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。後略と記させて頂きました。そして、本日すなわち午後2時55分に、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、母親が絨毯じゅうたんの上で寝ているとのことでした。それから、本日の夜すなわち午後6時6分にも、父親から再度の電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、父親によりますと、いつものように母親が起きないとのことでした。なお、誠に有り難いことに、母親の上に掛かけ蒲団ふとんは掛かけられてありました。但し、いつものことであり複数のヘルパー日本語家政婦もそうであると認めていることですが、本人の協力なしではしかも介助が一人ひとりだけでは、母親を動かすことは難しく思われました。後略と記させて頂きました。それから、去る3月26日(月)の父親からの連絡6後編のブログの下段に、前略去る3月21日(水)の父親からの連絡5後編のブログの下段に、前略昨日すなわち3月20日(火)の父親からの連絡4後編のブログの下段に、前略昨日すなわち3月19日(月)の父親からの連絡3後編のブログの下段に、前略去る3月15日(木)の父親からの連絡2後編のブログの下段に、前略一昨日おとといすなわち3月13日(火)の父親からの連絡1後編のブログの下段に、前略本日すなわち午前10時34分、午前11時23分、午後0時29分~30分、午後1時39分、午後1時41分、午後6時6分そして午後6時39分に、父親から電話連絡が入りました。それで、同じく伺いました。因ちなみに、上記の午前10時34分の電話が入ったとき、親の用事で郵便局と買い物に行くからと話しましたが、また午前11時23分に父親から電話連絡が入りました。これでは、郵便局や買い物に行くどころでなく、両親に張り付いていなければなりません。後略と記させて頂きました。それから、昨日も午後0時4分と午後0時16分に、そして、本日も午後4時59分と午後5時5分に、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、身近にある鍵がなくなったので、捜して欲しいとのことでした。それで、伺いました。そして、誠に有り難いことに鍵がありました。なお、父親が、首に掛かけていました。序ついで乍ながら、毎日のように、父親の捜し物をしています。後略と記させて頂きました。それから、昨日も午後0時44分と午後4時12分に、そして、本日も午後4時39分と夜すなわち午後9時34分頃に3本、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、一人ひとりで、寂しい。とのことでした。それで、伺いました。後略と記させて頂きました。それから、本日も日没後すなわち午後6時20分、午後7時7分そして夜すなわち午後7時35分に合計3本、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、溢こぼしちゃったから、直すぐに来て欲しい。とのことでした。それで、何を溢こぼしたのかと思いまして、直すぐに伺いました。すると、おかゆを溢こぼしたのでした。そこで、新しいおかゆを温めて出しました。すなわち、父親の食事の準備をして、食べ終わる頃迄まで付き添いました。後略と記させて頂きました。そして、本日も、午後0時18分、午後1時13分、午後2時3分、午後2時18分そして夜すなわち午後9時26分に、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、度自分の印鑑は何処どこに行ったとのことでした。ならびに、父親の食事の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。後略と記させて頂きました。それから、本日も午後7時35分そして午後7時48分に、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、食事のことでしたので、食事の内容を伝えました。ところが、まだお腹なかが空すかないとのことでした。後略と記させて頂きました。ときに、去る4月4日(水)の父親からの連絡10後編のブログの下段に、前略一昨日さきおとといすなわち4月1日(日)の父親からの連絡9後編のブログの下段に、前略去る3月28日(水)の父親からの連絡8後編のブログの下段に、前略昨日すなわち3月27日(火)の父親からの連絡7後編のブログの下段に、前略本日も午後5時38分に、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、牛乳は飲んだとのことでした。なお、お腹なかのことでしたが、お腹なかが空すいているかどうか分からないとのことでした。それでも、食事をしたいから直すぐ来て欲しいとのことでした。そこで、同じく直すぐに伺いました。そして、下の画像のように父親の食事の準備をしました。すると、父親によりますと、寝たかったとのことでした。序ついで乍ながら、眠りたかったのであれば、何故なぜ当方に直すぐ来て欲しいと言ったのでありましょうかね。当方を呼ばない方ほうが寝られたと思われるのでありますがね。このブログを御覧になられておられます御賢明な読者のお方かたがたであらせられましたらお分かりのことであらせられると存じ上げます。父親の夜食父親の夜食後略と記させて頂きました。そして、本日も午後1時10分そして午後6時31分に、父親から電話連絡が入りました。因ちなみに、食事のことと電話機がないとのことでした。それで、父親の食事の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。それから、電話もありました。父親の食事の一部後略と記させて頂きました。それから、一昨日おとといも午後7時7分と午後7時16分に、昨日も午前11時44分と午後0時17分に、そして本日も午後2時0分に、父親から電話連絡が入りました。それで、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、食事の準備をしようと支度したくを始めましたら、まだ食べたくないとのことでした。因ちなみに、このようなことが度たびたびあります。なお、ヘルパー日本語家政婦が居いるときにもこのようなことがありました。序ついで乍ながら、お腹なかが空すいたとのことであり食事の準備をして食べてくれないと、力ちからが抜けてしまいます。後略と記させて頂きました。昨日も午後1時57分頃に2回そして本日も午前0時5分、午後5時41分、午後4時44分、午後6時1分と午後6時12分などに7本、父親から電話連絡が入りました。それで、お腹なかが空すいたとのことでありましたので、同じく直すぐに伺いました。そして、両親の食事の準備をして、食べ終わる迄まで付き添いました。父親の夕食食べ掛かけています半角で4万文字以内という字数制限に達しましたので、次つぎのブログ記事にこの続きを記させて頂きます本日も、最後迄までお読み頂き、誠にありがとうございました。唯感謝。(-)

ポルノグラフィティ

離れとってもどぉしょんか気になってじゃけえゆうて電話するんはつまらんしちぃたぁ可愛いとこみせてメールでもしてこいや邪険にしないでポルノグラフィティ

大谷ホームラン

大谷ホームランかすごいね今月量産してるわね